SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

OnePlus 7 Proレビュー:OnePlus史上いちばん高いけど、コスパは十分

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


669ドル(約7万3000円)からと OnePlus史上最高の価格設定 で、その分スペックもぜいたくです。

OnePlusの価格がじわじわ上がってきたこの数年、スマホ市場全体では ベイビー・フラッグシップ群 ともいうべき、Galaxy S10eとかiPhone XR、Honor View 20といった700ドル(約7万7000円)前後の戦線が形成されてきました。

まるで突然ノッチのない未来にワープして、 昔はどうしてそんな余計なものがあったんだろう? 実際どれくらい速いかというと、まったくゼロのバッテリーを 15〜20分くらいで50%までチャージ できます。

あとはOnePlus 7 Proのこのブルー(Nebula Blueという名前がついてる)について一言言っておきたいです。

出典: OnePlus 7 Proレビュー:OnePlus史上いちばん高いけど、コスパは十分 ギズモード・ジャパン


元の記事を読む