SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

禁断の地の古墳群、懸念の見方覆すユネスコが満額回答

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


大王たちの「古墳群」が世界遺産に向けて大きく前進した。

「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」は天皇家の陵墓として立ち入りが制限される構成資産も含めた異例の資産群ながら、それもまた全人類の財産だとイコモスは判断したということだろう。

背景には近年、複雑・多様化する推薦物件への積極的な対応が透けて見える。

学術研究の蓄積から推測される被葬者像と陵墓としての名称の齟齬(そご)が問題視され、非公開でもある現状は世界遺産に欠かせないオーセンティシティー(真正性)実証への影響も指摘されてきた。

都市部ゆえの景観保護の難しさ、あるいは大小・多様な古墳が混在するため一部に除外を求められるのでは、との心配もあったが、“満額回答”で、ひとまずOUV(顕著な普遍的価値)が認められた格好だ。

出典: 禁断の地の古墳群、懸念の見方覆すユネスコが満額回答 朝日新聞


元の記事を読む