SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

全米メディアも村田の2回TKO王座奪還を「年間最高ラウンド」と絶賛。アラム氏「次はアルバレス戦希望」報道も(THE PAGE)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


同メディアは「カネロが村田との対戦に興味を持つことは、アラム氏にとって決して無理な希望ではないということなのだろう」と発言の真意を解説した。

また記事は「村田は、この勝利で前ミドル級統一王者のゲンナジー・ゴロフキンとサウス・カネロ・アルバレスを相手に大金を呼ぶ戦いへと走り出す。

今、村田は、WBAミドル級の正規王者として復活。

「DAZNが、もし村田をカネロかゴロフキンの対戦相手として認めれば驚きだろう。

DAZNは2人の選手に大金を払っているが、DAZNにとって、カネロやゴロフキンと対戦させるだけの十分な人気は村田にはない」との否定的な見解も示している。

出典: 全米メディアも村田の2回TKO王座奪還を「年間最高ラウンド」と絶賛。アラム氏「次はアルバレス戦希望」報道も(THE PAGE) Yahoo!ニュース


元の記事を読む