SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

来季所属先「分かっている」発言から一転…バルサ噂もグリーズマン「決定は待つ必要がある」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、自身の去就に関する発言を一転させている。

今シーズン限りでのアトレティコ・マドリー退団が公式発表となり、新天地に関する憶測がグリーズマンの周囲で飛び交っている。

バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)が有力候補とみられており、近いうちに明らかになることが期待されていた。

しかし、11日に行われた EURO 予選でアンドラ代表に4-0で勝利したのち、グリーズマンは自身の新天地についての発言を一転させている。

「(新天地の決定には)まだ早い。

出典: 来季所属先「分かっている」発言から一転…バルサ噂もグリーズマン「決定は待つ必要がある」 Goal.com


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ