SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

準々決勝に挑む錦織圭が約30分の最終調整みっちりフェデラー対策(2019年7月10日)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


準々決勝で世界ランク3位の ロジャー・フェデラー (37)=スイス=と対決する同7位の 錦織圭 (29)=日清食品=は、試合前の現地時間午後12時30分過ぎから練習コートで約30分間の練習を行った。

序盤はコーチと軽くラリーで体を動かすと、後半はフェデラーの強烈なサーブに対応するようにリターンを念入りに確認した。

練習後には子どもたちのサインに応じるなどリラックスした様子をみせた。

錦織がウィンブルドンで4強入りすると、日本男子では1933年の佐藤次郎以来86年ぶりの快挙となる。

◆ウィンブルドンは7月1〜14日、WOWOWで連日生中継。

出典: 準々決勝に挑む錦織圭が約30分の最終調整みっちりフェデラー対策(2019年7月10日) BIGLOBEニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ