SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

妊娠望み18年間、月60万出費…「何も残らなかったと思っていたけど…」(沖縄タイムス)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


由香利さんは2年前、東京都内であったFineのイベントに参加。

子どもを授かったカップル、夫婦2人で生きる選択、男性不妊、治療の辞め時を迷っているケースなど多様な立場の体験談に接し「妊活や不妊を特別視せず、普通に話せる場が沖縄にもたくさんできたらいいと思った」と話す。

不妊治療を手掛けるNaoko女性クリニック(浦添市)の高宮城直子院長(57)は「当事者にしか分からない深い悩みを安心して語れる場があることは重要。

強い思いで立ち上げた活動が多くの人に届いてほしい」と期待する。

やがて「生活の全てを治療優先で」とフルタイムの仕事を辞めて収入が減った一方、治療費はかさんだ。

出典: 妊娠望み18年間、月60万出費…「何も残らなかったと思っていたけど…」(沖縄タイムス) Yahoo!ニュース


元の記事を読む