SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

世界最強の磁石が20年ぶりに更新。しかも9万倍軽い小型版で!

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


実験を行なったのは、フロリダ州立大学にある、「National High Magnetic Field Laboratory」で、通称 「MagLab」 と呼ばれる国立高磁場研究所です。

その中には超伝導電磁石 ニオブ・スズ合金 (略してNb3Sn)で出来た、33.6テスラを生み出す、銅のコイルがあります。

銅線は電流が通ると発熱しますが、それには一部の原子力潜水艦の最大出力を上回る、 31メガワット もの電力を必要とします。

さらにはその熱を冷ますため、 何千リットル もの冷却水が要るのです。

それは電磁石の中に超電導磁石があり、ニオブ・スズ合金の代わりに比較的高温で超伝導を実現する、 「REBCO」 (レアアース・バリウム・銅・酸化物)と呼ばれる「銅酸化物」超電導体の一種でコーティングされたテープを使用しています。

出典: 世界最強の磁石が20年ぶりに更新。しかも9万倍軽い小型版で! ギズモード・ジャパン


元の記事を読む