SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

吉田輝星“恩師”親心TV観戦「まだまだこれから」 - プロ野球

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


日本ハム吉田輝星投手の“恩師”八戸学院大の正村公弘監督(56)が、親心でテレビ観戦した。

ぶれない軸の形成が、甲子園準優勝の礎となったため「携わった子ですから気になって応援しているし、これからも頑張ってほしい」と願った。

全日本大学選手権に7年ぶりに出場したが、10日の1回戦で9回に4失点してサヨナラ負けしただけに「吉田がいたら途中から投げさせて勝ったかなあとか思いますけれど、それは言ってもしょうがないからね」。

本人から札幌ドーム招待の連絡も来たが「本当は東京で試合している予定だったからね」と苦笑いした。

1軍昇格時には電話連絡もあり叱咤(しった)激励で鼓舞。

出典: 吉田輝星“恩師”親心TV観戦「まだまだこれから」 - プロ野球 日刊スポーツ


元の記事を読む

関連記事

「吉田輝星」のその他の記事

こちらの記事もオススメ