SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

どっこい生きてる、バイクの絶滅危惧種レースでもなお活躍(47NEWS)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


2ストロークだが、バイクも環境対応を迫られた結果、一部小排気量車やオフロードレーサーを除いて生産中止となりなくなってしまった。

うち、計50台以上が2ストロークのバイクだった。

80年代にブームを迎えたレーサーレプリカと呼ばれる排気量250cc2気筒の2スト車が多数を占める中、ドーバーZERO―1クラスには排気量500cc4気筒など251cc以上の大型の2ストバイクが出場。

うち、今回が13回目のT.O.T出場という代表の石川重和さん(56)が乗った1台は見事、6位に入賞した。

64馬力のエンジンは100馬力までチューニングされ、速く走るためにフレームやブレーキなど多数の改造が施されている。

出典: どっこい生きてる、バイクの絶滅危惧種レースでもなお活躍(47NEWS) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ