SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

錦織、複は逆転負けも随所に切れのあるショット/

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


男子テニスのバルセロナ・オープンは24日、バルセロナで行われ、ダブルス1回戦で錦織圭(日清食品)とディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)のペアは第4シードのオリバー・マラハ(オーストリア)マテ・パビッチ(クロアチア)組と対戦し、7-6、4-6からのマッチタイブレークを5-10で落として敗れた。

ダブルスに出場した錦織は1回戦で第4シードのペアに逆転負け。

マッチポイントの場面で相手の幸運なボレーがネット際に落ちると、悔しそうにボールを高く打ち上げて苦笑いした。

しかし、ブレーク合戦となった第2セットを奪われると、マッチタイブレークはダブルス巧者の相手に鮮やかなボレーなどで押し切られた。

初戦で敗れたものの随所に切れのあるショットを決め、本職のシングルスへ感触は悪くない様子だった。

出典: 錦織、複は逆転負けも随所に切れのあるショット/ サンケイスポーツ


元の記事を読む