SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

復帰戦のネイマールがコロンビア相手に1G1A! ラフプレーで一触即発の場面も

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


[9.6 国際親善試合 ブラジル2-2コロンビア]今夏のコパ・アメリカ開幕前の負傷以降、クラブでも欠場が続いてたネイマール。

前半19分、右CKから右足でクロスを送り、MF カゼミーロ (R・マドリー)の先制ヘディング弾を演出する。

その後、コロンビアFWルイス・ムリエル(アタランタ)のPKを含む2得点で逆転を許すが、後半13分にエースが待望のゴール。

PA内右へ抜け出したDF ダニエウ・アウベス (サンパウロ)が速いボールを折り返すと、ネイマールが左足で押し込み、同点弾を奪った。

後半24分にはネイマールが左サイド深くでDFダビンソン・サンチェス(トッテナム)の強烈なショルダーチャージを受け、勢い余って頭から看板に激突。

出典: 復帰戦のネイマールがコロンビア相手に1G1A! ラフプレーで一触即発の場面も ゲキサカ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ