SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

沈没したロシア原潜から80万倍の放射線ノルウェー沖

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


ノルウェー当局は、ノルウェー海で30年前に沈没したロシアの原子力潜水艦の残骸付近で採取した海水から、通常より80万倍も高いレベルの放射線が検出されたと明らかにした。

ロシアで「K-278」としても知られているこの潜水艦は、プルトニウムの核弾頭を搭載した2基の原子力魚雷を積んでいたことがわかっている。

事故以来、ノルウェーとロシアの当局は定期的に、放射線レベルを測定している。

今回の調査を率いたヒルデ・エリス・ヘルダル氏は、「ロシアが1990年代と、もっと最近では2007年に確認した漏出の記録をもとに、私たちは特定のダクトパイプの中から海水を採取した。

だから、高いレベルが検出されても驚きはなかった」と説明。

出典: 沈没したロシア原潜から80万倍の放射線ノルウェー沖 WEDGE Infinity(ウェッジ)


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ