SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

命を絶つことも考えた選手に届いた"ミサワの遺言"とは 没後10年、三沢光晴が遺した物

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


勢いがついてしまえば、あとは最高点から角度をつけて落とすだけ。

梶原一騎さんの没後10年追悼興行で、初代から4代目までタイガーマスクがそろい踏みする試合を行うことになった。

金丸はそこから、個性も持ち合わせた技巧派レスラーとして、地位を固めていく。

「だからもう、僕らが試合内容で三沢さんを圧倒するしかないと思っていました。

だから恩師のものといえど、技をそのまま受け継ぐことはしなかった。

出典: 命を絶つことも考えた選手に届いた"ミサワの遺言"とは 没後10年、三沢光晴が遺した物 LINE NEWS


元の記事を読む