SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

全国どこでも乗れた国鉄型ディーゼルカー「キハ40系」、いま走っているのはここだけ(乗りものニュース)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


JR東日本が普通列車用として開発した新型ディーゼルカー「GV-E400系」が2019年8月19日(月)、新潟エリアで営業運転を開始します。

これに伴い、同エリアの信越本線・磐越西線・羽越本線で使われてきた「キハ40系」は、2019年度中に引退する予定です。

1982(昭和57)年までに888両が製造されました。

国鉄時代に大量生産され、全国どこにいっても見られたキハ40系も、数年後にはごく一部の路線でしか見られなくなるかもしれません。

キハ40系(観光用や特急用に改造された車両を除く)の普通列車が運行されているおもなJR線は、2019年4月1日時点で次の通りです(ジェー・アール・アール編『JR気動車客車編成表 2019』などによる)。

出典: 全国どこでも乗れた国鉄型ディーゼルカー「キハ40系」、いま走っているのはここだけ(乗りものニュース) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ