SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

倉科カナ:「緊急取調室」で“ワケあり女子”熱演天海祐希と初共演

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


倉科さんは、“ワケあり”熱血保育士の柴田七海を演じる。

倉科さんは、同局系で放送された主演ドラマ「奪い愛、冬」(2017年)でも不倫女子を演じており、「私は“ワケあり女子”を演じることが多いんです」とコメント。

倉科さんは天海さんを「とても尊敬している」といい、「凜(りん)としてらっしゃって、せりふの間合いもすごく独特で面白いので、どんな心のエンジンを持った方なんだろう……と思っていた」とこれまでの印象を語った。

』『私はこう出ようと思うんだけど、大丈夫ですか? 同話では、有希子と玉垣松夫(塚地武雅さん)が捜査のため、七海が働いている保育園に一日保育士として潜入する様子も描かれる。

出典: 倉科カナ:「緊急取調室」で“ワケあり女子”熱演天海祐希と初共演 毎日新聞


元の記事を読む