SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

千秋楽へ異例の取組編成会議阿武松部長「いい取組を決めるため」/夏場所

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


千秋楽の結びで横綱と平幕が対戦すれば、1927年春場所の横綱宮城山-西前頭7枚目の若常陸(勝者は宮城山)以来、92年ぶりだった。

審判部の阿武松部長(元関脇益荒雄)は「いい取組を決めるためです。

来場所以降は未定とした。

尾車事業部長(元大関琴風)は「とてもいいことだ。

ずっと、このままでもいいかもしれない」と話した。

出典: 千秋楽へ異例の取組編成会議阿武松部長「いい取組を決めるため」/夏場所 サンケイスポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ