SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

奥川2安打1打点林監督公式戦復帰の星稜がコールド発進/石川

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


第101回全国高校野球選手権石川大会2回戦が15日、石川県立野球場で行われ、星稜は七尾東雲に10-0で六回コールド勝ちした。

今秋のドラフト1位指名候補右腕・奥川恭伸投手(3年)は「5番・右翼」で出場し、4打数2安打1打点。

一回に4番・内山壮真内野手(2年)が左翼越えの先制3ランを放つと、奥川も右中間を破る三塁打で続き、いきなりの8得点に絡んだ。

もともと登板の予定がなかったなかでも、試合中はタイミングを見計らってはブルペンで肩の作り方を練習するなどして、有事に備えた。

今春の高校野球選抜大会での一連の「サイン盗み疑惑騒動」で学校側から懲戒処分を受けて指導禁止となり、春の県大会と北信越大会でベンチを外れていた林和成監督(43)が公式戦で久々に指揮。

出典: 奥川2安打1打点林監督公式戦復帰の星稜がコールド発進/石川 サンケイスポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ