SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

イエメンの反政府組織、サウジの空港にミサイル攻撃民間人26人負傷

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


【6月13日 AFP】イエメンのイスラム教シーア派( Shiite )系の反政府武装組織フーシ派( Huthi )が12日、サウジアラビア南西部アブハ( Abha )の空港を巡航ミサイルで攻撃し、民間人26人が負傷した。

連合軍は2015年3月以降、フーシ派を標的とした空爆を続け、民間人の死者も多数出してきた。

一方、フーシ派はここ数週間、ミサイルとドローンによる国境を越えた攻撃を激化させてきた。

アブハは、首都リヤドやジッダ( Jeddah )の 焼けつくような暑さを逃れようとするサウジ人に人気の避暑地となっている。

アラブ首長国連邦(UAE)とイエメンはこの攻撃を非難。

出典: イエメンの反政府組織、サウジの空港にミサイル攻撃民間人26人負傷 AFPBB News


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ