SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

公用車にテスラで批判、市川市長が自らの給与減額(2019年7月17日)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


千葉県市川市が公用車に高級電気自動車「テスラ」を導入し、批判が相次いでいた問題で、市長がリース料金の値上がり分を自身の給料から減額する考えを示しました。

市川市の村越市長は環境問題へのPRになるとして、公用車を今月からアメリカの電気自動車メーカー「テスラ」社の車に切り替えましたが、リース料金が従来の2倍以上になり、市民などからの批判が高まっていました。

「対外的に車両の価格のみに注目が集まる結果となってしまいました。

村越市長は17日の会見で、1か月のリース料金の値上がり分に相当する8万5000円を自身の給料から毎月減額する考えを示しました。

手続きに必要な条例の改正案を9月の市議会に提出するということです。

出典: 公用車にテスラで批判、市川市長が自らの給与減額(2019年7月17日) BIGLOBEニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ