SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

「プリウス」用意し池袋で実況見分、現場に頭下げる容疑者(読売新聞オンライン)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


東京・池袋で高齢ドライバーの車が暴走し、12人が死傷した事故で、警視庁は13日午前、車を運転していた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(88)を事故後初めて現場に立ち会わせ、実況見分を行った。

実況見分は午前10時頃から、現場の片側車線を通行止めにして行われた。

事故車両と同じ乗用車「プリウス」が用意され、飯塚容疑者は後部座席に乗車。

松永さん親子をはねた交差点では、飯塚容疑者が車から降り、おぼつかない足取りで現場を自ら確認した。

車体検査で車に異常は見つからなかったほか、現場にブレーキ痕もなく、警視庁は動揺してアクセルを踏み続けたとみている。

出典: 「プリウス」用意し池袋で実況見分、現場に頭下げる容疑者(読売新聞オンライン) Yahoo!ニュース


元の記事を読む