SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

栃ノ心が即大関返り咲き、もがき苦しみ史上5人目 - 大相撲 : 日刊スポーツ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


関脇栃ノ心(31=春日野)が結びの一番で横綱鶴竜(33=井筒)を破って10勝4敗。

自分の(先に引いた)相撲内容が悪いじゃないですか」と気持ちを切り替えたことを強調。

夜は普通に眠れたと言い「頑張るしかない。

思い切りやるしかない」と残り2日にかける決意を口にしていた。

新大関の昨年名古屋場所で右足親指付け根の靱帯(じんたい)を損傷後は故障の連続に苦しんだが、ようやく体調が安定し、今場所に臨んだ。

出典: 栃ノ心が即大関返り咲き、もがき苦しみ史上5人目 - 大相撲 : 日刊スポーツ FNN.jpプライムオンライン


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ