SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

金融庁「3000万円必要」=老後資金、報告書と別に試算

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


老後資金として、年金以外に30年間で「2000万円の蓄えが必要だ」と試算した金融庁の審議会報告書をめぐり、同庁が「1500万~3000万円必要」とする別の試算も行っていたことが18日、分かった。

同庁は「医療費や介護費などで仮の数字を多く使用した」(幹部)ため、最終的には信頼性の高い総務省の家計調査を基に試算した「2000万円」を採用したという。

別の試算は、4月12日に開かれた審議会の作業部会に示された。

麻生太郎金融相は18日の閣議後の記者会見で、「最終報告書ではない。

一律に必要な額を示したものではないと釈明しながらも、「誤解、不安を生じさせないよう国民に丁寧に説明したい」と語った。

出典: 金融庁「3000万円必要」=老後資金、報告書と別に試算 時事ドットコム


元の記事を読む