SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

丸山議員、辞職勧告案「可決されようが、任期全うする」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


北方領土返還に関連して戦争に言及した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名処分)は15日夕、与野党が衆院で自身への辞職勧告決議案を可決すべきか検討していることに対し、自らのツイッターに「(決議案が)可決されようがされまいが任期を全うする」と投稿した。

丸山氏は「言論府が自らの首を絞める辞職勧告決議案かと。

提出され審議されるなら、こちらも相応の反論や弁明を行う」と強調。

「野党側の感情論で議案が出され、普段は冷静な与党まで含めて審議へ進むなら、まさにこのままではこの国の言論の自由が危ぶまれる」と書き込んだ。

激動の時代を語る 染めと織りが美しいシューズ ロヒンギャ難民キャンプへ おいしい時間を、あの人へ ハンバーグのコクは牛タンで 体調不良、イライラのもと 木村伊兵衛写真賞・岩根愛 自分プレゼン術とは?

出典: 丸山議員、辞職勧告案「可決されようが、任期全うする」 朝日新聞デジタル


元の記事を読む

関連記事

「言論の自由」のその他の記事

こちらの記事もオススメ