SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

リー・チョンウェイが涙の引退表明、がんから競技復帰かなわ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


マレーシア・プトラジャヤで開かれた記者会見で、現役引退を表明したバドミントン男子のリー・チョンウェイ(2019年6月13日撮影)。

五輪で3個の銀メダルを手にしたリーは、記者会見で目に涙をためながら、「引退の決断はとてもつらい。

マレーシアの皆さんに、この19年間を感謝する」と語った。

昨年に初期の鼻のがんと診断され、台湾で集中治療を受けたリーは、再びプレーすることを切望していた。

しかし、昨年4月以降は練習から遠ざかっており、自ら設定した競技復帰までの期限もたびたび逃し、来年開催される 東京五輪 の出場が遠のいてしまった。

出典: リー・チョンウェイが涙の引退表明、がんから競技復帰かなわ AFPBB News


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ