SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ザック氏伊移籍浮上の冨安は「“私の吉田”に似ている」(スポニチアネックス)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏(66)が、ボローニャが獲得に乗り出していると報じられた日本代表DF冨安健洋(20=シントトロイデン)に関し、同DF吉田麻也(30=サウサンプトン)に似ていると評した。

そして約20分後、再開されたインタビューでザッケローニ氏は「とても興味深い選手だとみんな言っている。

でも身長がそれほどなかったので、ハイボールは常に苦しんだ」と続けたると、冨安が1メートル88の長身を誇るとあって「でも彼は1メートル88あることを考えれば、この問題とは無関係だね」とし「私が話を聞いた人はみな、彼が守備面だけでなく、攻撃の組み立ての部分でも優れていると言っている。

それに冨安は(1月の)アジア杯で素晴らしいプレーを見せたと言っている。

ただ、これは日本でプレーして選手に当てはまることであって、冨安はすでにベルギーでプレーしているから、ペナルティーエリア内外でどうのように振る舞わなければいけないか既に学習したかもね」と締めくくっている。

出典: ザック氏伊移籍浮上の冨安は「“私の吉田”に似ている」(スポニチアネックス) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ