SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ホーム転落車、大事故回避に高校生お手柄非常ボタン押し列車200メートル前で停止

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


6日に福岡県福津市のJR鹿児島線の東福間駅で軽乗用車が線路内に転落した事故で、ホームにいた高校生らが非常停止ボタンを押すなどして列車との衝突事故を防いでいたことが、JR九州などへの取材で判明した。

事故は、同駅南口のロータリーに進入した高齢男性が運転する軽乗用車が急加速してロータリーを曲がりきれず、柵を突き破ってホームを越えて7メートル下の線路に落下した。

同じころ駅を通過する予定だった大分発博多行きの特急ソニックは非常ブレーキをかけ、転落車まで約200メートルのところで緊急停車した。

JR九州や同校によると、事故を目撃した同校の複数の生徒らが駅事務所に走り込んで連絡したり、駅員の呼びかけに応じて非常停止ボタンを押したりして特急ソニックを緊急停車させた。

その上で、駅で列車を緊急に停止させる必要がある場合は非常停止ボタンを押すよう乗降客に呼びかけている。

出典: ホーム転落車、大事故回避に高校生お手柄非常ボタン押し列車200メートル前で停止 毎日新聞


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ