SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

阪急、落雷の影響で運休相次ぐ京都線と千里線19万5000人の足に影響(毎日新聞)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


午後2時35分ごろ、大阪府高槻市内に落雷した影響で、阪急京都線茨木市―高槻市間の上下線で一時停電した。

高槻市駅に到着した直後の梅田発高槻市行き普通電車(8両編成)が落雷に伴う過電流で故障し、2両目の車両下部から発煙したが、乗客約100人にけがはなかった。

阪急電鉄によると、停電や故障車両の収容のため、京都線と千里線で運転を一時見合わせ、上下502本に運休や遅れが発生。

11日中はダイヤの乱れが続き、約19万5000人に影響する見通しという。

阪急と相互直通運転する大阪メトロ堺筋線も遅れ、約2万2000人に影響した。

出典: 阪急、落雷の影響で運休相次ぐ京都線と千里線19万5000人の足に影響(毎日新聞) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

関連記事

「列車運行状況」のその他の記事

こちらの記事もオススメ