SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ジョコ、2度目連覇王手!今年2戦2敗の難敵破った/ウィンブ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


テニス・ウィンブルドン選手権第11日(12日、英国・ウィンブルドン)男子シングルス準決勝は第1シードのノバク・ジョコビッチ(32)=セルビア=が第23シードのロベルト・バウティスタ(31)=スペイン=を6-2、4-6、6-3、6-2で下し、2年連続5度目の優勝が懸かる決勝へ進んだ。

ジョコビッチが今年2戦2敗と相性の悪かった難敵バウティスタを振り切り、2014、15年以来となる2度目の2連覇にあと1勝と迫った。

「どちらに転んでもおかしくない試合だった。

ものにできて良かった」。

第2セットはバックハンドのミスが目立って落としたが、一進一退の第3セットは6ゲーム目で相手を揺さぶってからスマッシュを決め、ブレークすると雄たけびを上げた。

出典: ジョコ、2度目連覇王手!今年2戦2敗の難敵破った/ウィンブ サンケイスポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ