SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

池袋暴走実況見分元院長、両手でつえつき説明

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


東京・池袋で乗用車が暴走し母子2人が死亡した事故で、13日の警視庁の実況見分に立ち会った旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)は両手でつえをつきながら警察官の問いかけにうなずき、つえで道路を指し示したりしていた。

警視庁の実況見分は午前10時ごろから約1時間半にわたり、約70人態勢で現場の都道を通行止めにして行われた。

元院長と同乗の妻もけがをした。

飯塚元院長はこれまでの任意聴取に「アクセルが戻らなかった。

ブレーキを踏んだが利かなかった」などと説明している。

出典: 池袋暴走実況見分元院長、両手でつえつき説明 産経ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ