SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

iPhone XR後継機は電池容量が5%以上増加? 駆動時間の長さも継承か

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


主にソフトウェアに焦点を当てた(新型Mac Pro発表もありましたが)WWDC19も終わり、今年秋に登場が予想される新型iPhoneに市場の関心が移りつつあるなか、iPhone XRの後継機(6.1インチLCDモデル)についての新たな噂が報じられています。

まず、iPhone XR後継機は背面カメラが 現状のシングルからデュアルに強化 されるとの予測が有力です。

また、アップル関連のインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は、iPhone2019年モデルでは3モデルともバッテリー容量が大型化すると述べつつ、6.1インチ(iPhone XR後継機)は0.5%程度しか増えないとも 予測していました 。

今年5月にもサムスンが16インチMacBook ProとiPad Pro向けにOLEDディスプレイの供給をアップルと協議中と 報じていました が、こちらも現時点では真偽が不明です。

各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

出典: iPhone XR後継機は電池容量が5%以上増加? 駆動時間の長さも継承か Engadget Japanese


元の記事を読む

関連記事

こちらの記事もオススメ