SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

トランプ大統領が「情報通信上のリスクがある製品」の取引を禁止する大統領令に署名、Huawei排除に向けての動きか

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


アメリカの「 大統領令 」は、大統領が議会や軍の承認を得ずに行政権を直接行使することが可能となる行政命令です。

2018年2月にはFBIやCIAといった諜報機関の長官が、「検出されないスパイ活動を行う能力を有している」として、Huawei製のスマートフォンなどの利用をやめるように国民へ警告しています。

大統領令の中では、「情報通信技術に対するオープンな投資環境はアメリカ経済の成長と繁栄にとって重要ですが、この開放性は国家の安全保障とバランスを取る必要があります」と述べられています。

記事作成時点では明確にHuawei製品の取引が禁じられているわけではなく、 商務長官 や国務長官といった政府高官らが協議した上で該当製品を決定するとしています。

そういった企業は、大統領令によってHuawei以外の製品を使用する必要に迫られる模様。

出典: トランプ大統領が「情報通信上のリスクがある製品」の取引を禁止する大統領令に署名、Huawei排除に向けての動きか GIGAZINE


元の記事を読む