SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

精根尽き果てた錦織圭。ペールとの 完全アウェーの死闘は孤独だった(webスポルティーバ)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


どこから振り返ればいいのかわからぬほどに、あまりに多くが起きた、錦織圭の全仏オープン4回戦だった。

対戦相手のブノワ・ペール(フランス)の名に、不吉な予感を喚起させられた錦織ファンは少なくないだろう。

ここ最近は4連勝中で、3年間負けなしだ。

フランスメディアやツアー仲間からも口々にそう呼ばれるペールは、コート上でもそれら異なる種々の顔が、次々と入れ替わるようだった。

投げやりなプレーが続いたその直後に、必死の形相でボールに飛びつき、気合の咆哮をあげて観客をあおりもした。

出典: 精根尽き果てた錦織圭。ペールとの 完全アウェーの死闘は孤独だった(webスポルティーバ) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ