SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

[アミノ]13人目決着のPK死闘制した筑波大、明大、駒大、そして初出場となる立正大が総理大臣杯へ…残りは3枠:3回戦

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


日本代表に選出されたFW上田綺世を欠く法大だったが、前半37分に“代役”FW 松澤彰 (4年=浦和ユース)が左足で先制弾。

後半11分にオウンゴールで同点とされたが、同19分に途中出場のFW 佐藤大樹 (2年=札幌U-18)が得点して、再び突き放す。

立正大 は 拓殖大 を相手に前半だけで3得点。

後半2点を返されて追い上げられたが、同点弾までは許さず。

ただし総理大臣杯の出場枠は「7」あることから、3回戦で敗れたチームにも出場の可能性は十分に残されている。

出典: [アミノ]13人目決着のPK死闘制した筑波大、明大、駒大、そして初出場となる立正大が総理大臣杯へ…残りは3枠:3回戦 ゲキサカ


元の記事を読む