SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

『IT/イット』第1作、「大人版ベバリー」ジェシカ・チャステイン登場のアイデアがあった

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.スティーヴン・キングの傑作ホラー小説を映画化した 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

』 (2017)に、ルーザーズ・クラブの少女ベバリーの“大人版”を演じた ジェシカ・チャステイン が、続編『IT/イット THE END』に先がけて登場するアイデアがあったという。

当初、ムスキエティ監督が構想していたのは、『IT/イット』第1作にポストクレジットシーンを用意するという案。

』は、2019年11月1日(金)より全国公開中(IMAXⓇ/4D/吹替版あり)。

国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。

出典: 『IT/イット』第1作、「大人版ベバリー」ジェシカ・チャステイン登場のアイデアがあった THE RIVER


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ