SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ジョコビッチ4大大会4連勝ならず男子決勝はティエムvsナダル全仏テニス

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


テニスの4大大会第2戦、全仏オープン第14日は8日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝は、前年準優勝で第4シードのドミニク・ティエム(オーストリア)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6―2、3―6、7―5、5―7、7―5で破り、2年連続の決勝進出を決めた。

ジョコビッチの4大大会4連勝はならなかった。

女子シングルス決勝は第8シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)とノーシードから勝ち上がった19歳のマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)がともに4大大会初制覇を目指して対戦した。

車いすの部の女子シングルス決勝は第2シードの上地結衣(三井住友銀行)が第1シードのディーデ・デフロート(オランダ)に1―6、0―6でストレート負けし、3連覇を逃した。

初採用された男子上下肢障害シングルスは3位決定戦で菅野浩二(リクルート)が逆転勝ちした。

出典: ジョコビッチ4大大会4連勝ならず男子決勝はティエムvsナダル全仏テニス 毎日新聞


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ