SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

なぜ招待国?1年に2回?あらためて知る「コパ・アメリカ」。その歴史の中には南米らしいカオスも(GOAL)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


日本時間15日朝に開幕するコパ・アメリカ2019ブラジル大会。

日本が1999年以来20年ぶりに招待国として参加することでも話題になっているが、果たしてこの大会はどういった歴史があり、南米各国にとってどのような価値を持つのか。

「アメリカ大陸カップ」を意味するコパ・アメリカは、1916年の第1回大会当初、「南米選手権」の名称で知られていた。

1975年からコパ・アメリカに大会の名称を変更。

ペレとジーコはそれぞれ1回しか、この大会のピッチに立っておらず、いずれも優勝には手が届いていないのだ。

出典: なぜ招待国?1年に2回?あらためて知る「コパ・アメリカ」。その歴史の中には南米らしいカオスも(GOAL) Yahoo!ニュース


元の記事を読む