SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

U-16世代を代表するドリブラー、中村仁郎「久保建英選手のように、人をワクワクさせる選手に」

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


12日に開催された「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」第1節のU-16ルーマニア代表戦ではボールを持つたびにドリブルで対面のDFをかわして見せるなど、右サイドからの仕掛けで何度もゴール前のシーンを作り出していた。

MF久保建英の日本代表デビュー戦となったエルサルバドル代表戦を他のU-16日本代表メンバーとスタンド観戦した中村は、「この前のA代表でも初めてでみんなから期待されている中であそこまで人をワクワクさせて、自分の良いプレーを出していた。

ルーマニア戦に関してはやや利己的な部分もあったかもしれないが、それでもSBの攻撃参加を引き出したり、味方のシュートシーンに繋げたりするなど、攻撃の中心になっていた。

その上で自分の技術やセンスを発揮すること。

14日のU-16ナイジェリア代表戦へ向けては「自分の得意なドリブルとか、昨日は決められなかったゴールを決めてチームに貢献したいです」。

出典: U-16世代を代表するドリブラー、中村仁郎「久保建英選手のように、人をワクワクさせる選手に」 ゲキサカ


元の記事を読む