SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

天安門の「戦車男」撮影=米カメラマン、コール氏死去

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


【ジャカルタAFP時事】中国で民主化運動が弾圧された1989年の天安門事件の際、人民解放軍の戦車の前に立ちはだかり「戦車男」と呼ばれた男性の決定的瞬間を撮影したカメラマン、チャーリー・コール氏(64)がインドネシアのバリ島で死去していたことが分かった。

コール氏は米テキサス州出身で長年バリ島に居住していた。

コール氏は、北京中心部で民主化を求めた学生や市民数百人が軍に殺害された翌日の6月5日、白いシャツを着て買い物袋を両手にぶら下げて道路に進み出た男性を撮影。

英首相、女王にまでうそ? オフィス版 初戦に快勝 紀平梨花 宮川典子衆 院議員死去 アイフォー ン新型発表 池江璃花子 公の場に 米政権を 去った人々 米大統領を 痛烈批判 カラースモ ークを試験 バンクシー 白塗りに いざ決戦!

出典: 天安門の「戦車男」撮影=米カメラマン、コール氏死去 時事通信


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ