SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

日韓、事務レベル会合輸出管理の強化以降で初日本「安全保障が目的」と説明へ(産経新聞)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


日本が半導体材料の韓国向け輸出管理を強化したことを受け、日韓両政府による事務レベル会合が12日午後、経済産業省内で開かれた。

会合は日本が4日に輸出管理を見直してから初めて。

これに対し韓国側は世界貿易機関(WTO)協定に違反しているなどと措置撤回を訴える見通しで、双方の主張は平行線をたどるとみられる。

会合で日本は、こうした措置の背景を韓国側に直接説明する。

世耕弘成経済産業相は12日、ツイッターに「本件は輸出管理案件だ」などと投稿し、WTO協定違反でも、いわゆる徴用工問題などへの報復措置でもないことを改めて強調した。

出典: 日韓、事務レベル会合輸出管理の強化以降で初日本「安全保障が目的」と説明へ(産経新聞) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ