SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

オールスターゲーム2019はパ・リーグが先勝、MVPに西武・森、敢闘賞には阪神・原口

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


6回には3番・浅村栄斗(東北楽天ゴールデンイーグルス)、4番・山川穂高(西武)という、昨年まで西武で3・4番のクリーンナップを務めていた2人の連続ホームランが飛び出し、パ・リーグベンチは大盛り上がりを見せる。

パ・リーグは、9回にも森(西武)のセカンドゴロ、荻野貴司(ロッテ)のタイムリーで2点を加え6ー1とし、勝利を決定づけた。

対するセ・リーグは、5点を追う9回裏、2アウトランナーなしからセ・リーグ首位打者・高橋修平(中日ドラゴンズ)がヒットで出塁すると、ベンチはこの場面での代打に、プラスワン投票で最後にオールスター出場を決めた原口文仁(阪神タイガーズ)を送る。

また明日甲子園で頑張ります」と喜びを口にした。

森は2年連続のMVP獲得となり、8回までセ・リーグ打線を1点に抑える好リードで攻守で活躍を見せた。

出典: オールスターゲーム2019はパ・リーグが先勝、MVPに西武・森、敢闘賞には阪神・原口 Sporting News JP


元の記事を読む

関連記事

「オールスター」のその他の記事

こちらの記事もオススメ