SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

[DJピエール中野] FLASH REPORT

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


それに応えた中野がヤバイTシャツ屋さん“あつまれ! パンパンに膨れ上がった会場のボルテージをさらに引き上げるべくWANIMA“ともに”、ELLEGARDEN“ジターバグ”、10-FEET“goes on”が連打されるとさっきまで降っていた雨はどこへやら、大きなサークルが乱立したフロアには汗が飛び散り、その勢いはますますヒートアップしていく。

」という問いかけに少なからずも手が挙がるとすぐさまASIAN KUNG-FU GENERATION“リライト”で応酬し、9mm Parabellum Bullet“Black Market Blues”、RADWIMPS“おしゃかしゃま”、サカナクション“アイデンティティ”という2010年前後のメドレーに繋いでいく鬼っぷり。

終盤に差しかかり、NGT48“Maxとき315号”で中野は「単純にいい曲なので早く騒動が収まってパフォーマンスが見たい」という切実な想いをぶつけると、オーディエンスからは拍手が巻き起こる。

ジャンルや世代に関係なく、とにかくいい曲で盛り上がってほしいという中野のDJプレイはどこまでもまっすぐで、関ジャニ∞の“ズッコケ男道”でフィニッシュするとその想いが結実したかのような笑顔溢れる素晴らしい空間がGARDEN STAGEに広がっていた。

出典: [DJピエール中野] FLASH REPORT VIVA LA ROCK 2019


元の記事を読む