SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

13-0勝利の裏で論争勃発…アメリカ女子FWが反論「ベストを尽くさないのは失礼」(ゲキサカ)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


これに対し、アメリカ女子代表のエースストライカーが再反論を行う事態にまで発展している。

国際サッカー連盟(FIFA)によると、1試合13得点はW杯史上最多。

またエースのモーガンは『ESPN』のインタビューに応じ、「私たちがベストを尽くさずに90分間プレーしたらそれは失礼なことだと思う。

タイの選手たちも真剣にプレーしてほしかったはず」と反論。

なお、発端となったカイル氏には殺害予告のようなメッセージも寄せられている様子。

出典: 13-0勝利の裏で論争勃発…アメリカ女子FWが反論「ベストを尽くさないのは失礼」(ゲキサカ) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

関連記事

「FW」のその他の記事

こちらの記事もオススメ