SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

元ハンドボール富山県強化選手/朝乃山アラカルト - 大相撲 : 日刊スポーツ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


大関豪栄道(33=境川)を寄り切って12勝目を挙げ、結びの一番で1差で追っていた横綱鶴竜(33=井筒)が関脇栃ノ心(31=春日野)に敗れ、14日目で自身の初優勝を決めた。

◆スポーツ歴 小4から3年間、ハンドボールで県強化選手にも。

相撲も4年から始め富山商高3年で十和田大会2位、近大で西日本選手権2度優勝など。

◆入門 師匠の高砂親方(元大関朝潮)部屋付きの若松親方(元前頭朝乃若)が近大の先輩という縁もあり16年春場所、三段目最下位格(100枚目)付け出しで豊山と同期で初土俵。

「年上の支えてくれそうな人がいい」。

出典: 元ハンドボール富山県強化選手/朝乃山アラカルト - 大相撲 : 日刊スポーツ ニッカンスポーツ


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ