SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

中国「世界最大ダム」の崩壊リスク…当局説明を信じ切れない人々(北村 豊) @gendai_biz

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


三峡ダムには32台の70万キロワット発電機が設置されており、それによって提供される電力の合計最大出力は2250万キロワットで、年間発電総量が1000億キロワット時に上る世界最大の水力発電ダムである。

原名を「白果樹瀑布」と呼ぶ三峡大瀑布は、高さ102メートル、幅80メートルの滝で、中国十大名瀑の第4番目に数えられ、中国の“国家4A級風景区(国家二級景勝地)”、に指定されている。

当該景勝地を管轄しているのが「宜昌三峡大瀑布風景区有限公司」である。

7月5日、宜昌三峡大瀑布風景区有限公司は次のような三峡大瀑布風景区の一時営業停止に関する文書を、宜昌市観光カード事務室へ通知した。

《宜昌三峡大瀑布風景区有限公司》 三峡大瀑布風景区の一時営業停止に関わる通知 宜昌市観光カード事務室御中 三峡大瀑布の上流で行われている工事が流れをせき止める段階に入ったことにより瀑布の水流を断つことが必要となり、三峡大瀑布風景区は2019年7月6日から7月13日までの1週間営業を一時停止します。

出典: 中国「世界最大ダム」の崩壊リスク…当局説明を信じ切れない人々(北村 豊) @gendai_biz 現代ビジネス


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ