SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

ヤクルト・村上34号&35号で高卒2年目以内最多、中西太の36発へあと1本

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


ヤクルトの村上宗隆内野手(19)が自ら持つ10代の最多本塁打を更新する34号、35号本塁打を放った。

16日の広島戦(マツダ)に「5番・一塁」で先発出場。

まずは1点リードの4回無死から大瀬良の低めのカットボールを中堅左に運び、11日の阪神戦以来、4試合ぶりの一発。

さらに8回にも左越えへ35号ソロ。

これで、高卒2年目以内の最多本塁打である中西太の36発へあと1本と迫った。

出典: ヤクルト・村上34号&35号で高卒2年目以内最多、中西太の36発へあと1本 ライブドアニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ