SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

日本アカデミー賞新人俳優賞受賞・芳根京子、6年の女優業で決意「“できない、無理です”は、もう言わない」【インタビュー】 | FILMAGA(フィルマガ

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


本作で松坂が演じる「時代劇史上、最も優しい」と称される浪人・坂崎磐音と結婚を誓い、一途に想い続けながらも悲劇的な運命に翻弄される小林奈緒を、 芳根京子 が凛とした演技で魅せている。

――演じた奈緒は、前半~中盤~後半と、気持ちの変遷がかなりある役です。

演じているときも、磐音さまをひたすらに想い続けよう、という一心でした。

芳根 それに、『累—かさねー』と『散り椿』という自分にとっては挑戦的な作品で(賞を)いただけたことで、挑戦していくことの大切さを実感しました。

だから、「できないです」という言葉は禁句にしよう、と思いました。

出典: 日本アカデミー賞新人俳優賞受賞・芳根京子、6年の女優業で決意「“できない、無理です”は、もう言わない」【インタビュー】 | FILMAGA(フィルマガ FILMAGA by Filmarks


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ