SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

「太陽光発電」固定価格終了を検討全量買い取りやめ負担

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


経済産業省が、太陽光発電など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の終了を検討していることが分かった。

つくられた電気の全量を一定価格で電力会社が買い、費用は電気料金に上乗せする今の仕組みで消費者らの負担が増したことに対応。

国は毎年度、買い取り価格を引き下げてきたが、家庭や企業の電気料金に上乗せされる「賦課金」は19年度の見込み額が約2兆4000億円に上り、一般的な家庭の負担は月767円となった。

21年3月末までに、代替策を整備する。

大規模太陽光発電所(メガソーラー)に代表される事業用の太陽光や風力は、相対取引や卸電力市場で電気を売るのを基本とし、価格は変動することになる。

出典: 「太陽光発電」固定価格終了を検討全量買い取りやめ負担 ZAKZAK


元の記事を読む

関連記事

「太陽光発電」のその他の記事

こちらの記事もオススメ