SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

米国土安全保障省、旧Windows狙うBlueKeepワームを警告。RDPで遠隔操作を確認、パッチ適用求める

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


米国土安全保障省(DHS)のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、BlueKeepの悪用に関する検証実験をおこない、Windows 2000で遠隔からコードを実行できることを確認したと述べています。

実は、マイクロソフトはすでにBlueKeepが利用する脆弱性を塞ぐパッチを作り、正式サポートの切れたOS、たとえばWindows XP、Vista、Server 2003などにも提供しています。

しかし、事情あって古いOSを使い続ける管理者やユーザーは、余計なパッチを当てることで必要なソフトウェアが動かなくなるのを恐れる傾向があります。

しかしCISAは、古いWindowsを使っているユーザーに対し利用可能なセキュリティアップデートの適用を求めています。

各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

出典: 米国土安全保障省、旧Windows狙うBlueKeepワームを警告。RDPで遠隔操作を確認、パッチ適用求める Engadget Japanese


元の記事を読む