SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

稽古量の多さで地力つけ新小結の竜電が気迫で大関戦制す

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


大相撲名古屋場所は2日目の8日、新小結の竜電が気迫で大関戦を制した。

初めの取組は頭をつけてこらえ、前に出て高安を寄り倒した。

それでも気落ちせず、取り直しの一番では高安を左からすくって横を向かせ、双差しから前に出て再び寄り倒した。

2番目は考えなしにいった」と竜電。

稽古(けいこ)量の多さには定評があるだけに、格上相手との2番でスタミナが生き、地力をつけていることを印象づけた。

出典: 稽古量の多さで地力つけ新小結の竜電が気迫で大関戦制す 毎日新聞


元の記事を読む