SUMMTIME News - サムタイムニュース
「時間をサマライズする」をモットーに、国内外の主要なニュースサイトやTwitterのトレンドワードに関連した最新記事を短く自動要約してスピーディーに流し読みができる様にお届けしています。海外の記事は機械翻訳を行なっています。

東京五輪、建設現場は「危険な状況」労組国際組織が指摘(朝日新聞デジタル)

Responsive image

下記のテキストは自動要約によってまとめられました


報告書をまとめたのは、国際建設林業労働組合連盟(BWI、本部・ジュネーブ)。

今年2月には、新国立競技場や選手村の建設現場で働く労働者ら約40人から聞き取りをした。

報告書では、月に26日や28日働いている例がある▽つり上げた資材の下で作業をしている▽通報窓口が機能していない▽外国人技能実習生もいるにもかかわらず一部は通報受付が日本語のみ、など問題点を指摘。

「極度の長時間労働」による精神疾患が原因として労災認定された。

報告書は、現在も「危険な過労の状況が続いている」とし、過労による事故や自殺を防ぐ処置がされていないとした。

出典: 東京五輪、建設現場は「危険な状況」労組国際組織が指摘(朝日新聞デジタル) Yahoo!ニュース


元の記事を読む

こちらの記事もオススメ